[オピニオン] 福島水産物輸入禁止措置のWTO快挙、「一喜一憂」するときではない
[オピニオン] 福島水産物輸入禁止措置のWTO快挙、「一喜一憂」するときではない
  • 김영욱 시사칼럼니스트
  • 승인 2019.04.22 13:23
  • 댓글 0
이 기사를 공유합니다

▲ グラフィック_newsworker

世界貿易機関(WTO)が福島周辺の水産物輸入禁止措置に関連した韓日間の紛争で韓国の手を挙げてランナー無理難題を持っている。 「日本が敗訴していなかった」と抑止を張っている。

WTO上訴機構は12日、「韓国の福島水産物輸入禁止措置が妥当である」と判定した。韓国と日本の明暗が克明に交錯した日だ。

上訴機構は、「韓国の措置が日本産食品に対する恣意的差別に該当しない過剰な貿易制限もない」と判断した。

1芯、日本水産物に含まれる放射性物質に重点を置いたならば、2審では韓国が日本の近隣諸国と呼ばれる生態・環境を考慮したものである。

WTOの「衛生および植物衛生に関する協定(SPS)に関する紛争で1芯2芯裏返しのは極めて異例だ。韓国の通商ブンジェンサに残る成果だ。

SPS紛争は、これまで40件あった提訴国が勝った事例も初めてだとしたら「快挙」ではないか。

日本が韓国をWTOに提訴してから、4年ぶりに出てきた結果だ。

これにより、放射能汚染の議論をきれいに払拭できない8つの県(縣)明太・サバなど28魚種のすべての水産物が、私たちの食卓に上がる懸念はひとまず払拭された。

先に韓国政府は、福島原発事故後、2013年に福島とその周辺地域水産物の輸入禁止措置を下した。国民の安全と健康を担当する政府として当然すべきことをしたものである。韓国だけでなく、50カ国が輸入禁止措置を下した。

これに対して、日本は、2015年に韓国だけWTOに提訴した。ここで勝訴した後、これをいくつかの国を相手にした農水産物の輸入規制緩和のテコとして活用する計画だったが、足首を取れある。

昨年2月に開かれた1審では、日本が勝訴した。 「韓国の輸入規制がWTOのSPSに不合致する」と、日本の主張を受け入れた。

したがって2芯者最終審で、日本は当然、自国が勝訴すると予想したが、違って韓国が勝訴した。

日本はWTO最終審敗訴がスイスで伝えられた日早朝あたふた緊急記者会見を開き無理難題を握った。最終審で反転結果を接した日本の衝撃を端的に見せた。

菅義偉官房長官は「私たちの主張が認められていないのは非常に残念」とし「日本が敗訴したという指摘は当たらない」と強弁した。

河野太郎外相は「韓国の輸入制限措置の撤廃を要求するという立場に変わりはない」と主張した。

WTO韓国勝訴判決は、日本の中で、安倍政府に対する批判と責任論として浮上している。信条安倍首相に非難の矢に戻って来ている姿だ。

これまで安倍首相は福島産の食品を毎日食べると主張し、選挙シーズンであれば福島に駆け付け各種農水産物を試食するパフォーマンスをして、安全性を強調したのでしょげする法である。

安倍首相は敗訴2日後の14日、5年半ぶりに福島原発を見つける地域米で作ったおにぎりを食べた。また、中東諸国駐日大使らと会った席で「毎日福島産米を食べて水飲んでいる。このおかげで、自民党総裁3リードを達成することができた」とした。

しかし、非難世論はノクノクしなかった。

安倍首相の立場ではWTOの衝撃判決を収拾高座た行動であっただろうが、これを見た日本人は「自国民もない信じるのに、他の国と信じるか」、「自民党議員に福島弁当を与えるすべて食べずに捨てるだろう "、"中東セリフが何を考えてか気になる」などの非難を吐き出した。

韓国政府は、今回の福島WTO勝利に「一喜一憂(一喜一悲)」することではない。

今回の訴訟を検疫主権をがっちりして不安な輸入食の安全性の確保を契機にしなければならならない。さらに、様々な国際上訴との紛争に対処する政府のタスクフォース(TF)チーム運用もアップグレードする必要がある。

「世界は広くすることは多い」としていない。